老犬

犬の老化のサイン~知っておきたい愛犬の老化の症状とケア

更新日:

犬の老化のサイン

愛犬はいつまでも子供のように思ってしまいますが、実際は人間とは比較にならないほど、あっという間に年老いてしまいます。

小型犬では人間の4倍、大型犬は7倍ものスピードで歳をとると言われています。

老犬になると成犬の時とは違う様子に、病気なのか老化現象なのかわからず心配になりますね。

少しでも愛犬に長生きしてもらう為には、どのような老化の症状があるのかを知って、愛犬の老化のサインに細心の注意を払うことが大切です。

日々愛犬の様子を気にかけ、言葉で伝えることができない愛犬の体調や気持ちの変化にすぐに気づいてあげることができれば、老化を止めることはできなくても、老化の進行を遅らせ寿命を延ばすことができます。

いつも私達の様子をしっかり見ててね。

犬の老化の始まりはいつから?

犬の老化はいつから?

老化の始まりは、大型犬は7年目くらいから、小型犬・中型犬は9~10年目くらいからと言われています。

平均寿命が大型犬の方が短いせいですが、体格や犬種、環境、個体差があるので一概には言えません。

老化が始まってもしばらくは、まだ外見がそのように見えないので、愛犬の老化のサインに気づかないことがあります。

その為、老化がおおよそいつから始まるのか知っておくと、愛犬の変化に気づきやすくなります。

いつもとちがうと感じたら、すぐに病院に連れて行く。早期に発見し、適切なケアをすることで愛犬の寿命は延ばせるのです。

犬の老化現象はどこでわかる?気になる老化の症状

犬の散歩

犬の老化はすこしずつ始まっていきます。

今まで、できていたことができなくなったり、呼んでも無反応になったり、大好きだったことに興味をしめさなくなったり。

筋力も免疫力も低下するので、病気にもかかりやすくなります。

老化現象は様々ありますが、ここでは、気をつけておくべく7つの愛犬の老化の症状とその対策をご紹介します。

1.目・耳・口腔の環境の悪化

犬の老化:目の病気

10歳を過ぎて黒目が白く濁るのは、老年性白内障です。

手術をしないと何れ失明する可能性は高いのですが、手術をするには全身麻酔をしなければいけない為、かなりのリスクを伴います。

目薬をしてあげることで進行を遅らせることはできます。

白内障などの目の病気では完全に失明というわけではなく、ぼんやりと光や影の動きが見えていることもあります。犬は人間ほど視力に頼ってはいないので、視力が低下しても日常生活にそれほど不自由はないと言われています。

犬の老化:耳の症状

年齢とともに耳が聞こえにくくなります。インターホンがなっても名前を呼んでも気づかなくなります。その為、周囲の動きが把握できず、近づくと驚いてしまいます。

耳が遠くなったら、近づく時はわざと大きな足音をたてたり、触る時は床などを叩いてそばにいることを知らせてから、手を鼻に近づけてにおいを確認させると安心することができます。

近づくときは大きな音を立ててね。

犬の老化:口腔の症状

犬の口の中はアルカリ性の為、人間のように虫歯になることは稀ですが、人間よりかかりやすいのが歯周病です。歯周病が進むと病院で歯石をとっても歯が抜け落ちます。

歯槽膿漏が進行して化膿すると細菌であごの骨が壊されることもあり、そうなると長生きできなくなります。

毎日歯磨きをして、食べかすや汚れをとり、歯槽膿漏にならないように気をつけます。

2.足(関節と骨の衰え)

骨折した犬

 

老犬になると散歩に行きたがらなくなったり、立ち上がるのが大変そうだったり、お座りの時に足を横にながすようになります。それらの主な原因は、筋力の低下で足腰が弱ってきた為です。

筋力の低下が原因ではなく、軟骨がすり減ったり、潤滑液の分泌の衰えで、関節に痛みが出ていることもあります。

他にも、骨が変形し神経を圧迫する痛みで足をひきずったり、歩行障害を起こす変形性骨関節症や背骨の変形でひどい場合は下半身不随になる変形性脊椎症、骨密度が下がり、些細なことで骨折して治りにくい骨粗しょう症等の病気の可能性もあります。

病院で受診して関節や椎間板に異常がないということであれば、歩かないでいると筋力が低下するので、なるべく散歩に連れていくようにします。ただし、散歩のさせ過ぎも良くないので、怪我をしないように平坦な道をぶらぶらと歩く程度が気分転換にもなって良いようです。

3.睡眠時間が長くなる

寝る時間が増えた犬

成犬の睡眠時間の平均は12~15時間です。老犬になると体力が衰えるので、動きがゆっくりになり、あまり動いていないように見えても、成犬の頃よりも体力を消耗しています。

その為、長く寝るようになり、トイレと食事以外は一日中寝ているように感じるかもしれません。

基本的には長く寝るものと思っていいのですが、関節痛で動けない状態や甲状腺ホルモンの働きが弱くなり、代謝機能の低下による眠気などの病気が潜んでいる場合もあります。

どこも悪くないことが分かれば、散歩の時間になったら起こして、散歩に連れて行くなど刺激を与えると筋肉や脳の衰えを遅らせることができます。

4.散歩に行きたがらなくなる

散歩に行かない犬

老犬になると無気力になり、大好きだった散歩に行きたがらなくなるのは珍しくありません。

内臓疾患や怪我などがなければ、意思を尊重しましょう。無理に連れていくとかえってストレスになります。

ただ、ずっと室内にこもって寝てばかりいては、筋力が低下したり認知症になる原因にもなるので、嫌がらない程度に連れ出し、帰りたがったらすぐに引き返すようにしましょう。

最近、散歩に行くより寝てたいんだ。

5.トイレの回数と失敗(お漏らし)

トイレシート(犬用)

老犬になると筋肉が衰え、足腰に力が入らなくなり踏ん張れずに、膀胱に溜まったおしっこや便を出し切ることができなくなります。その為、常に膀胱の中におしっこが残っている状態になり、トイレの回数が増えます。

膀胱におしっこが溜まったまま立ち上がるとお腹に力が入り、その瞬間、お漏らしをすることがあります。

排便やおしっこに時間がかかったり、興奮して吠えた時にお漏らしをするのは、老化による泌尿器官の筋力の衰えです。

腎臓機能の衰えからおしっこの回数が増えたり、膀胱や前立腺の病気、糖尿病が原因で排泄に変化がでていることもあります。

老化によるものだと分かったら、トイレの失敗は決して叱らず、トイレの場所を増やしたり、トイレに行きたい気配を察知してトイレの場所に連れて行くなどサポートをします

6.被毛・皮膚の変化

寝ている犬

外見もだんだん年老いてきます。ひげや口の周り・目の周りの毛に白い毛が目立つようになります。

全体的に被毛が薄くなり、艶がなくなるうえ、毛が生えるのも遅くなります。

皮膚もたるみ、全体的にハリがなくなります。

7.イボができやすくなる

老犬になるとイボができやすくなります。

イボの種類には毛包腫瘍・脂肪腫・乳頭腫・黒色腫 (メラノーマ)があり、良性と悪性があります。

イボの中には悪性で進行が早いものがあり、命をなくす危険があるので、自分で判断せずに病院を受診しましょう。

  • 毛包腫瘍

主に背中にできやすい固いコブの様なイボで、犬が発症する腫瘍の5%を占めます。大きさは親指大~小さな拳大で、段々大きくなることがあります。

ほとんどが良性ですが、稀に悪性になることもあります。痛みや痒みは感じない場合が多く、飼い主が皮膚に触って丸いゴリゴリとした固いものに気づくことが多いようです。

早期に発見して、外科的手術をします。

  • 脂肪腫

胸部、腹部、四肢、腋窩(脇の下)の皮下にできる「脂肪の塊」で楕円形や丸型をしています。大きさは1cm前後から拳くらい。大きなものは子供の頭くらいの大きさがありますが、良性です。

体の表面にできる場合が多く、痛みはありませんが、筋肉の内部やからだの深部にできた腫瘍は圧迫されるため、不快感や痛みを伴います。脂肪腫の塊が大きくなって周囲を圧迫して痛みがでたり、生活する上で障害となる場合は外科的手術をします。

  • 乳頭腫

乳頭のように肌の色と変わらないイボでカリフラワー状になることもあります。

幼犬の場合、パピローマウィルスの感染が原因ですが、老犬の場合は非ウィルス性のものが殆どで、口の中・頭・瞼・手足に出来やすく基本的には良性です。

自然に退化していきますが、稀に扁平上皮癌になる場合もあります。

腫瘍が大きい場合や出血や感染が起こっている場合は、凍結手術やレーザーなどにより切除することもあります

  • 黒色腫(メラノーマ)

黒色腫は犬が発症する腫瘍の6%前後を占め、良性と悪性があります

メラニン色素を作る細胞メラノサイトに発生する腫瘍です。黒色腫といわれますが、黒い色をしたイボだけでなく、メラニン色素の量によって茶色や淡い灰色のもあり、大きさは0.5~2cm位です。被毛が生えている皮膚にできるメラノーマの85%は良性です。

皮膚にできたメラノーマは細胞診(針で腫瘤を刺して細胞成分を吸い取り、顕微鏡で診断する方法)で診断ができます。

爪の周囲や、皮膚と粘膜の境目、口の中(歯茎や歯肉・舌)、唇にできるものは悪性の可能性が高いため注意が必要です。

悪性の場合、一般的にはほくろのような丸い形ではなく、不規則な形をしていたり、境界線が不鮮明です。

初期症状はなく、進行が早いため気づいた時には肺やリンパに転移していることも少なくありません。

治療は外科手術による切除後、放射線療法や抗がん剤を用いた治療が行われます。

老犬が吠えるのは認知症かも

認知症の犬

急に愛犬が吠えるようになったら認知症が疑われます。

認知症の症状の場合、昼と夜の認識が曖昧になって、夜中に興奮して吠えるようになります。

ぼんやりしていることが多くなったら認知症の初期症状かもしれません。

認知症は徐々に進行し、問題行動が増えていきます。

呼んでも無反応だったり夜泣きや徘徊、どこでも排泄をするようになります。

根本的な治療法はありませんが、積極的に話しかけたり、散歩に連れ出したり、全身をマッサージして五感を刺激してあげると認知症の原因である大脳の老化を遅らせる効果があります。

いつもかまってくれてありがとう!

-老犬
-,

Copyright© GOODドッグフード~本当に安全なドッグフード紹介サイト , 2018 All Rights Reserved.