ドッグフード

ドッグフードを変えるのはNG?切り替えるタイミングと注意点

更新日:

ドッグフードを変えるのはNG

愛犬のドッグフード選びはとても大切で、それだけにどれがいいのか迷ってしまいますね。

愛犬が今まで喜んで食べていたドッグフードなのに急に食べなくなった時、今食べているものよりもっと良さそうなフードを見つけた時、体調に合わせたフードに変えなくてはいけない時など、色々な状況でドッグフードの変更を考えます。

そんなとき、ドッグフードを切り替えた方がいいのか、変更する場合は、愛犬にトラブルがなく切り替えていくにはどうしたらいいのかなど注意点等を紹介します。

ドッグフードにはどんな種類があるの?

ドッグフードにはどんな種類があるの?

 

ドッグフードにはドライタイプ・セミモイストタイプ・ウェットタイプ・冷凍タイプ・フリーズドライタイプ・生肉などの種類があります。

これらのドッグフードは、生肉以外は水分の含有量や乾燥方法で分けられています。

色々な種類のドッグフードがあります。

ドライタイプ

ドッグフードは、このドライタイプが主流です。水分含有量が10%以下と少ないため硬めです。通常のドライタイプは、開封後は冷蔵庫に入れる必要がなく、しっかり封をして涼しく乾燥した場所に置くことができるので保存に便利です。

栄養価が高く、総合栄養食として作られているので、ドライタイプのドッグフードと水があればワンちゃんは生きていくことができます。

セミドライタイプ

セミドライタイプのドッグフードは25%~35%程の水分を含んでいます。柔らかく肉っぽい食感なので、子犬や老犬でも食べることができます。

香りが強く美味しいのでワンちゃんに好まれますが、そのまま置いていると水分が蒸発して硬くなってしまうので、保存方法に気をつけないといけません。

ウェットタイプ

ウェットタイプは、75%~80%程の水分を含んでいるドッグフードです。水分を多く含んでいる為、とても柔らかく、缶詰や真空パックに入って売られています。

魚や肉の素材を生かしたウェットタイプのドッグフードは、ワンちゃんに好まれます。

未開封であれば長期保存ができますが、開封後は傷みが早いため、密封容器に移し替えて冷蔵庫で保管し、なるべく早く使い切らないといけません。

冷凍タイプ ・フリーズドライタイプ

従来から行われてきたドッグフードの加工処理は保存期間を長くできるというメリットがある反面、組成栄養分を破壊してしまうというデメリットがあります。

その加工処理を避けるために、冷凍やフリーズドライにしたフードです。

脱水タイプ

細菌が繁殖しないレベルまで水分量を下げるため空気乾燥させたフードの為、細菌・雑菌の繁殖を抑えることができます

見た目はドライタイプに似ていますが、お湯をかけると元の形に戻ります。

生肉

高たんぱく・低脂肪・低コレステロール・低アレルギーの生肉は、酵素が熱で壊されずにそのまま体内に摂取することができるので、体に良いと言われています。

食事を手作りする時の中心的食材としてもおすすめで、保存は冷凍庫でします。

ドッグフードは頻繁に変えていい?

 

ドッグフードは頻繁に変えていい?

 

ドッグフードは、ワンちゃんの健康に関わる大切な食事です。

体に良いもの、喜んで食べてくれるものを食べさせたいという思いから、ドッグフードを頻繁に変える飼い主の方もいます。

人間と同じように考えると、食事を変えても問題がないように思えますが、ドッグフードを頻繁に変えることは、良いことではありません。

但し、成長段階やワンちゃんの健康状態によって、変えた方がいい場合もあります

ドッグフードを頻繁に変えてはいけない理由

ドッグフードを変えてはいけない理由

 

ドッグフードを頻繁に変えてはいけない理由は、しつけと体調面から考えられています。

ドッグフードを食べなくなった時、体調が悪くないのであれば、原因はドッグフードの味に飽きて食べなくなったと考えられます。犬は賢いので、飽きるたびに新しいエサをあたえると、食べなければ新しいドッグフードをもらえると学習してしまいます。

これは、しつけの上でよくありません。

新しいドッグフードをもらえるから食べないでおこうかなぁって思うんだ。

食べなくても、食事の時間が終わったら片づけるようにすれば、お腹を空かせた状態で何日もいることはできませんので、殆どのワンちゃんは食べるようになります。

体調の面で頻繁な変更が良くない理由は、

・ドライフードの場合、それぞれのメーカーが独自の技術で開発している為、原料・製法・嗜好性・機能性が違います。その為、フードを変更した時は、ワンちゃんの胃腸に負担をかけてしまうことがあり、下痢や嘔吐などの症状が出ます。

・アレルギーが出た時、ドッグフードを頻繁に変えていると原因は何か、どの成分なのかを見つけることが難しくなります。

ドッグフードを変えていいタイミングは?

ドッグフードを待つ犬

 

ドッグフードを頻繁に変えるのは良くありませんが、成長段階によってドッグフードは切り替えていきます。

子犬の時期、子犬から成犬に変わる時期、成犬から老犬に変わる時期には、ドッグフードの変更が必要になります。

年齢に応じたドッグフードの切り替えは大丈夫?

 

年齢に応じたドッグフードの切り替え

 

 

生後2ヶ月~子犬(パピー)の時期

この時期は、ぐんぐん成長するので、十分な栄養とエネルギーを必要とします。

子犬をパピーと言いますが、パピー用のドッグフードを与えます。

子犬の時期はまだ、消化機能が発達していない為、たくさん食べることができません。

その為、パピー用のドッグフードは、少しの量でもしっかり栄養を摂れるように高カロリーになっています。

子犬(パピー)~成犬の時期

成犬になった時に栄養価の高い子犬(パピー)用ドッグフードを与えていると肥満になり、後に様々な病気にかかる要因を作ってしまいます。

愛犬のえさの切り替え時期を把握しておくことが愛犬の健康と長寿につながります。

子犬用から成人用フードに変更する時期は、体格や犬種によって違いますが、おおよそ小型犬は8~9ヶ月頃、中型犬は約12ヶ月頃、大型犬は約18ヶ月頃です。

大人になったから成犬用のご飯に変えて欲しいなぁ。

成犬から老犬に変わる時期

一般的に小型犬や中型犬は8歳(8年目)、大型犬はおおそよ7歳(7年目)がシニア用ドッグフードに変更する時期といわれています。

個体差も大きいので、睡眠時間が長くなったり、運動量や食事の量が減った等の様子が見られてきたら、ドッグフードを変える時期です。

成犬に比べると、運動量や代謝が落ちるだけでなく、胃腸の働きも悪くなるので、シニア専用のドッグフードにするのがおすすめです。

ドッグフードを変更する時に注意すべきことは?

体調不良の子犬

 

家に迎えたばかりの子犬は、環境が変わったことで、ストレスを感じています。

ドッグフードは正しい切り替え方をしなければ、食べてくれないだけでなく、体調不良になることもあります。

子犬にドッグフードを変更するときは特に注意!

子犬にドッグフードを変更する時は注意子犬に新しいドッグフードを与えると、消化期間が発達していない為に下痢や嘔吐し、食べ物を受け付けなくなることがあります。

その為、頻繁にドッグフードを変えるのは、おすすめではありません。

また、ペットショップなどからお家にやってきた直後の子犬は、「ニュー・オーナー・シンドローム」になることがあります。

「ニュー・オーナー・シンドローム」というのは、環境や飼い主が変わった不安やストレスで、食欲不振や嘔吐・下痢・神経性腸炎等の体調不良になることです。

新しい環境に慣れていないから病気になるんだね。

新しく飼い始めたワンちゃんは、なるべく環境の変化を感じさせない為に、ドッグフードはそれまでに食べていたものと同じものを与えます。

同じものを与えたからといって、ストレスなどが原因の体調不良から食べない場合もありますが、空腹になれば食べるようになるのでそのまま様子をみます。

症状のピークは2・3日です。それでも食べない場合は、動物病院に連れて行く方が良いでしょう。

新しいドッグフードに変更するときの量や期間は?

新しいドッグフードに変更するときの量や期間ドッグフードを切り替える時は、今食べているドッグフードに混ぜて、徐々に変更します。

期間は、1週間~10日間程度かけて変更するようにします。

切り替える時の量の配分は、主に2つのやり方があります。

やり方①

  • 毎日、食べているドッグフードを1割減らし、新しいドッグフードを1割増やしていく。
  • 5日目には半々、10日目に新しいフードに完全に切り替えます。

やり方②

  • 1日目 食べているドッグフード8割、新しいドッグフード2割
  • 2日目    食べているドッグフード6割、新しいドッグフード4割
  • 3日目    食べているドッグフード4割、新しいドッグフード6割
  • 4日目    食べているドッグフード2割、新しいドッグフード8割
  • 5日目    新しいドッグフード10割。5日で完全に切り替えます。

途中、軟便や下痢・嘔吐等の症状が出たら、前の配分に戻し、もう少し日にちをかけて変更します

食が細く、敏感なワンちゃんには、毎日1割ずつ新しいドッグフードを増やしていくやり方を、食欲が旺盛で好き嫌いがない健康なワンちゃんには5日で切り替える方法をと、愛犬の性格や体調によって向いている方法で変更して下さい。

ドッグフードを切り替えた時に起こる愛犬のトラブルは?

ドッグフードを切り替えた時に起こる愛犬のトラブル

下痢や嘔吐

ドッグフードを切り替えた時に一番でやすい症状が下痢や嘔吐です。

初めて食べるものに対して、下痢をしてしまう場合がありますが、元気があれば様子をみます。

注意しなければいけないのが、「食物不耐性」で、別名、非アレルギー性食物過敏症とも言われます。

特定の食べ物を体の中で消化するのができないという状態です。この場合は、新しいドッグフードは断念しなければなりません。

ストレス

今まで食べていたものから、違うドッグフードに変わると、その変化はワンちゃんにとってストレスという形になることがあります。

敏感で食の細いワンちゃんにとってはなおさらです。

どのワンちゃんにとっても、一番安心できるのがいつもと同じという状態です。

その変化を感じさせないようにする為にも、ドッグフードのは少しずつ切り替える方が良いでしょう。

急に変えてしまうことで、ドッグフードを食べなくなることもあります。

アレルギー

今までは何ともなかったワンちゃんが、新しいドッグフードでアレルギーが出ることがあります。

これは、愛犬のアレルギーの元となる成分がドッグフードに含まれている為です。

食物アレルギーは、かゆみや発疹や脱毛などの皮膚疾患の症状が出ます

そのような症状がでた場合は、元のドッグフードに戻します。それで痒みがおさまるようであれば、新しいく切り替えたドッグフードに含まれる成分が合わないということになります。

まとめ

ドッグフード

ドッグフードの変更は思った以上に、愛犬に影響を及ぼします。

頻繁に変えるのは愛犬にとってストレスになる場合もあり、体調を崩す原因にもなりかねませんが、子犬から高齢犬までずっと同じドッグフードというわけにはいきません。

子犬の高カロリーの食事をそのまま老犬になっても続けていたら、肥満にもなりますし、他の病気も誘発してしまいます。

その為、成長段階に応じたフードの切り替えは必要になってきます。

フードの切り替えは一気にしても大丈夫という飼い主さんもいらっしゃいますが、食生活の変化が愛犬にどのような影響を与えるのかわかりません。

ワンちゃんによってはトラブルを起こすこともありますので、やはりフードは少しずつ変更するのが良いのでしょう。

ドッグフードの切り替えの時期や切り替え方を知って、愛犬のトラブルを少しでもなくしてあげましょう。

新しいドッグフードは少しずつ変えてね!

 

-ドッグフード
-,

Copyright© GOODドッグフード~本当に安全なドッグフード紹介サイト , 2018 All Rights Reserved.