ドッグフード 病気

犬のクッシング症候群の症状・検査・治療・食事について

更新日:

犬のクッシング症候群|長生きさせるためのドッグフードと症状・検査・治療の全て

クッシング症候群という病気はご存知でしょうか?

クッシング症候群は様々症状があります。

  • 最近、たくさん水を飲むようになった
  • おしっこをたくさんするようになった
  • ドッグフード等ご飯を異常に欲しがるようになった
  • 散歩をいやがるようになった

こういう症状もクッシング症候群の症状ですが、なかなか異常に気付きにくいですよね。

緊急性が感じられないようなこのクッシング症候群という病気は、実は厄介で、完治することは殆どありません。

手術をすることもありますが、殆どの場合、生涯に渡って投薬をしながら、上手く付き合っていかなくてはいけません。

また、膵炎や糖尿病などを併発しやすいので注意が必要です。

クッシング症候群の症状を抑制し、併発しないようにするためには、投薬と同時にクッシング症候群に対応するドッグフードを与えることがとても重要です。

クッシング症候群は、早期発見し、適切な治療と食事の管理をしなければ、命にもかかわる怖い病気です。

ここでは、クッシング症候群の症状や検査・治療方法、それに病気の進行を抑制する療法食のドッグフードについて詳しく説明します。

どんな症状があるの?

クッシング症候群症状

コチゾール(副腎皮質ホルモン)は、糖代謝や脂質代謝、タンパク質代謝、免疫機能などに影響を与えるホルモンなので、過剰分泌によって様々な症状がでてきます。

中高齢以降に発症することが多く、食欲もあるので、歳のせいかもと勘違いして発見が遅れることがあります。

また、同じような症状が出ても違う病気の場合もあり、診断が難しい病気です。

クッシング症候群の症状

  • 多飲多尿(水を大量に飲み、尿の量・回数が多い)
  • お腹が膨れる(ポットベリー)
  • 食事を異常に欲しがる
  • 脱毛(銅の部分などで左右対称に毛が抜ける)
  • 毛の色が薄くなる
  • 皮膚の厚さが薄くなる
  • 皮膚石灰沈着症
  • 足腰の筋力低下(散歩を嫌がる)
  • 散歩・運動時に呼吸が激しくなりやすい(パウンティング)
  • 血栓が出来ることによって呼吸困難をおこす

獣医の診察を受け、クッシング症候群が疑わしい場合、「最近たくさん水を飲んだり、尿の量や回数が増えていないか」とまず聞かれます。

多飲多尿がクッシング症候群の顕著な症状だからです。

クッシング症候群は、このような症状から徐々に進行して、心臓や肝臓、関節、免疫系統を侵したり、脳や肺の血管梗塞を引き起こすため、命を脅かす怖い病気です。

多飲多量の目安は?

多飲と言っても、どれくらいが多飲なのか分かりませんよね。

多飲は、ワンちゃんの体重1Kgに対して1日に飲む水の量が110㏄以上と言われています。3Kg のワンちゃんであれば330㏄以上です。

多尿の目安は、体重1Kgに対して50㏄以上ですが、尿の量を測るのは難しいので、一般的には水の量で判断します。

クッシング症候群になる原因

クッシング症候群には3つのタイプがある

副腎皮質ホルモンの過剰による疾患であるクッシング症候群は、自然発生クッシングと医原性クッシング症候群に分かれていて、さらに3つのタイプがあります。

自然発生クッシング

1.下垂体依存性副腎皮質機能亢進症
副腎を管理している下垂体(脳の一部)に腫瘍ができたことで発症します。

通常、副腎は下垂体の指令でコルチゾールを出す量を調節していますが、下垂体に腫瘍(良性)ができると、必要でなくてもコルチゾールを出すようにと誤った指令を送るため、副腎から過剰のコルチゾールが出てしまいます。

クッシング症候群の 原因の 85%~90 %を占めます。

2.副腎腫瘍
副腎そのものに腫瘍ができ、過剰のコルチゾールが分泌されることで発症します。

腫瘍の約50%が悪性と言われています。

クッシング症候群の原因の10%~15%ほどです。

医原性クッシング症候群

3.ステロイドホルモン剤の過剰投与
アトピー性皮膚炎等の治療のために長期間にわたりステロイド薬(副腎皮質ホルモン剤)を多量に投与したため、コチゾールが体内に増えすぎたことが原因で発症します。

これを医原性(治療のために行われた医療行為が、新たな疾患を引き起こすこと)クッシング症候群と言います。

ステロイド剤は内服薬と外用薬共に危険性があります。

クッシング症候群の原因としては稀です。

参考文献:たけうち動物病院

クッシング症候群にかかりやすい犬種は?

クッシング症候群になりやすい犬種

クッシング症候群に特にかかりやすい犬種は、

  • ダックスフンド
  • プードル
  • ビーグル
  • ボストン・テリア
  • ボクサー

参照:日本臨床獣医学フォーラム

と言われていますが、犬種を問わず発症します。

クッシング症候群は食事療法が大事

クッシング症候群は食事療法が大事

食事療法が大事な理由

クッシング症候群を発症してしまったら、適切な治療と食事の管理が重要です

いくら治療をしても、今まで通りのドッグフードを与え続けていると、血糖値の上昇や筋力の低下、合併症を引き起こす原因にもなります。

治療と食事の両輪が大事です。

筋力の低下を防ぐ為には高品質のタンパク質の摂り、糖尿病などの併発を防ぐ為には糖分や脂肪の量を減らす必要があります。

良いドッグフードを与えてあげることは、長生きができるだけでなく、ワンちゃんの生活の質(QOL)も上げることができるのです。

手作り食とドッグフードどっちがいいの?

手作り食は?

ドッグフードではなく、手作り食を食べさせて、病気を治したいと思う飼い主さんも多くいらっしゃいます。

しかし、手作り食では糖質を抑えようと思ってもコントロールが難しく、栄養の面でも偏りが見られます。

病気の場合は、症状に合ったドッグフードの療養食にする方が体調を管理しやすいようです。

ドッグフードを選ぶ時の注意点は?

ドッグフードにはたくさんの種類があります。

クッシング症候群になると、常に血糖値が高い状態になるため、動物病院で低血糖のドッグフードを勧められて、それを与えている飼い主さんも多いでしょう。

血糖値の上昇や筋力低下が見られるクッシング症候群は、低糖で低脂肪、そして良質なタンパク質のドッグフードを与えなければいけません。

良質のタンパク質が筋肉を作り、エネルギー源となるからです。

低血糖のドッグフードは、味までこだわっているものが殆どありません。

その為、せっかく買っても、ワンちゃんが食べないので、今までのドッグフードに戻したという声も聞かれます。

療法食であっても、ワンちゃんにとって美味しいと思えるドッグフードであることも大切ですね。

クッシング症候群のワンちゃんを長生きさせるためのドッグフードは?

クッシング症候群のワンちゃんを長生きさせるためのドッグフードは?

クッシング症候群のワンちゃんを長生きさせるためのドッグフードがあります。

クッシング症候群など代謝異常に特化した「犬心 糖&脂コントロール」です。

クッシング症候群だけでなく、高血糖・高血脂が関わる膵炎、高脂血症、糖尿病、甲状腺機能低下症、肥満(メタボ)、胆泥症・胆嚢粘液膿腫の7つのトラブル・病気全てケアするドッグフードです。

「原因が同じで、互いの併発リスクが高いため、7大疾患を同時にケアするのが理想」と考えて作られた希少なドッグフードです。

動物栄養学にもとづきながら、安全性や美味しさにも配慮した人間も食べられる「病気対応のドッグフード(療法食)」。

病気を改善することを目的に作られた特別療法食なので、合併症をおこしやすクッシング症候群のワンちゃんにはとてもおすすめです。

メモ

療法食」とは、特定の病気に対応するために、栄養バランスが特別に調整された専門的なアドバイスや処方に従って与えるペットフードのこと。

 

クッシング症候群はどんな検査をするの?

クッシング症候群はどんな検査をするの?

クッシング症候群の診断は難しく、いくつかの検査を行って総合的に判断しますが、動物病院によって検査内容も多少違っています。

最近はエコー検査で副腎の状態を正確に見ることができるようになりましたが、エコー検査だけでは、どんな治療が必要か正確に決めることができないため、血液や尿検査なども行い総合的に判断します。

検査内容

  • 血液検査:好中球上昇、リンパ球減少、ALP(アルカリフォスファターゼ)上昇、コレルテロール上昇等
  • 尿検査:尿比重の低下、尿タンパク
  • 超音波・レントゲン検査:副腎腫大(正常7mm以下)肝臓腫大、肝臓腫大、気管の石灰化
  • CT・MRI検査:下垂体の大きさ
  • ホルモンの測定検査:ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)刺激試験、低用量デキサメサゾン抑制試験

                                                   参照:厚別中央通どうぶつ病院HP

クッシング症候群の症状の確定、治療方針を決める為には、多くの検査をしなければいけため、ワンちゃんの負担も大きく、費用もかかります。

血液検査でコルチゾールの過剰分泌が確認されたら、下垂体と副腎のどちらに原因があるか超音波検査で調べます。

下垂体腫の場合は、副腎の大きさや形は左右2つとも正常、または2つとも大きくなっていることが多く、副腎腫瘍の場合、多くは左右の副腎のうち片方だけが大きくなっています。

下垂体腫瘍が疑われた場合は、全身麻酔をかけてCTやMRIなどを行い、脳の下垂体に腫瘍ができているか調べます。

これに加え、尿検査や最終的な確定診断のためホルモン検査が行われます。

検査費用

クッシング症候群の検査費用は?

たくさんの検査をしなければいけないので、費用も高額になります。

動物病院ごとに検査内容や金額が違っているため、おおよその金額になっています。

  • 血液検査:7,000円~10,000円
  • 尿検査:4,000円~5,000円
  • 超音波検査:6,000円~13,000円
  • レントゲン検査:5,000円~15,000円
  • CT・MRI検査(全身麻酔含む):100,000円~
  • ホルモン検査
  • ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)刺激試験 10,000円~12,000円
  • 低用量デキサメサゾン抑制試験 16,000円~18,000円

ホルモン検査のACTH(副腎皮質刺激ホルモン)刺激試験では、採血→ACTHを注射して副腎を刺激→1時間後に採血。コルチゾールの数値の変化をみます。

ワンちゃんの正常値はPre0.5~4.0μg/dl、Post6.0~18.0μg/dl、Postが24μg/dl以上あれば、クッシング症候群の可能性大です。

ACTH刺激試験をしても確定できない場合は、低用量デキサメサゾン抑制試験を行います。

その場合は、採血→デキサメサゾン注射→8時間後に採血。コルチゾールの数値の変化をみます。

この検査は、日帰りで行う病院もありますが、入院をして検査をする病院もあり、入院の場合は別途入院費用がかかります。

クッシング症候群の治療方法と治療効果・副作用のアジソン病とは?

クッシング症候群の治療方法と治療効果と副作用アジソン病とは?

治療方法は、内科的治療(薬物投与)と外科的治療・放射線療法の3つがあります。

ワンちゃんの症状や状態、飼い主さんの希望によって治療方針を決めます。

基本的に完治を目指すのではなく、薬を飲み続けながら数値をコントロールする内科的治療が殆どですが、腫瘍によっては外科的治療や放射線治療が行われます。

投薬による治療(内科的治療)

飲み薬で コルチゾール(副腎から出されるホルモン)を抑制します。

基本的には生涯にわたって投与することになります。

お薬は主に2種類です。

  • 副腎皮質ホルモンを分泌する副腎皮質の細胞を壊す薬・・・ミトタン
  • 副腎皮質ホルモンの分泌自体をコントロールする薬・・・トリロスタン

数年前まではミトタンが主流でした。効果は高いのですが、細胞を壊すため副作用も強く、今はトリロスタン使われています。

トリロスタンは副作用が少なく、効果はミトタンと同等かそれ以上と言われています。

但し、高価な薬の為、飼い主さんの負担が大きくなります。

飲み薬で症状が緩和されない場合は、外科的治療を行うこともあります。

外科手術による治療

良性の副腎腫瘍が原因の場合は、副腎を取り出す外科手術が第一選択肢になります。

脳の下垂体腫瘍が原因の場合も外科手術で切除する方法もありますが、手術自体がとても難しくリスクが高い手術になります。

放射線療法

事前にCTやMRI検査による確定診断が必要となりますが、下垂体腫瘍が小さい場合は投薬でコルチゾールの分泌を抑えます。大きい場合は放射線治療で腫瘍をできるだけ小さくし、その後、必要に応じて投薬します。

CT・MRI検査、放射線療法共に全身麻酔が必要なため、ワンちゃんの体へのリスクが高まるうえ、費用も高額になります。

ステロイド投薬を止める(医原性クッシング症候群)

ステロイドの投薬が原因の場合は、ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)の量を徐々に減らしていきます。

治療効果は?

治療効果は?

投薬後、数日〜2週間以内に多飲多尿・食事を異常に欲しがるといった症状の改善がみられる場合が多くあります。

また、1〜2ヶ月ほどで脱毛した毛がまた生えてきたり、皮膚病やその他の症状が改善してきます。

副作用のアジソン病とは?

投薬による治療は、ワンちゃんの体の負担も少なくて済みますが、お薬の量が多すぎた場合は、コルチゾールの分泌を抑えすぎてしまい、アジソン病(副腎皮質機能低下症)になります。

元気がない・食欲がない・嘔吐や下痢・ふるえなどの症状がでたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

お薬の投与を始めた場合、投与の過不足のために副作用がないか、改善がみられないかなどを確認するため、定期的に血液検査等を行ないます。

クッシング症候群と併発しやすい病気について

クッシング症候群は、様々な合併症を併発しやすい病気です。

どんな合併症があるの?

  • 高脂血症
  • 肺血栓症
  • 糖尿病
  • 膵炎
  • 脂質代謝異常症
  • 甲状腺機能低下症
  • 肝臓障害
  • 高血圧
  • 脳神経系の異常(頭部押し付けや食欲廃絶)
  • 尿路感染症

クッシング症候群の治療費は?

クッシング症候群治療費

薬と検査費用

コルチゾールの分泌を抑えるトリロスタンは1粒1,000円~1,500円くらいです。

小型犬では月に2万円位、中型犬や大型犬になると5~6万円もかかります。

また、数値を見ながら時間をかけて薬の投与量を決定しなければいけない為、『ACTH刺激検査』や血液検査を1~2ヶ月に1回程度行います

数値が安定しても、数ヶ月に1度は検査を定期的にしなければいけません。これらの検査にはおおよそ2万円位(入院しない場合)かかります。

薬を投与する時に注意しなければいけないこと

コルチゾールの分泌を抑える薬は副腎のホルモン産生を抑制します。ワンちゃんに与える時は飼い主さんが薬を吸収しないように、投与後はしっかりと手を洗うようにするか、ゴム手袋をはめて与えるようにしなければいけません。

手術費用

腫瘍を取り出す手術代は15万~25万円位と言われています。

手術費用も動物病院によって違います。

放射線療法

4回で40〜60万円ほどです。4回で腫瘍が小さくならなければ、さらに放射線を照射する場合もあります。

クッシング症候群の予防と寿命について

クッシング症候群の予防と寿命について

クッシング症候群は予防できるの?

残念ながら予防はできません。

クッシング症候群の症状が見られたら、重症化しない為に早めに受診することが大事です。

クッシング症候群は完治出来る?

クッシング症候群の原因が副腎の良性腫瘍で外科手術で完全に摘出できた場合は、稀に完治することもありますが、殆どの場合、切除後に投薬によるホルモン補充治療を生涯に渡ってしなければいけません。

クッシング症候群の殆どの原因である下垂体依存性副腎皮質機能亢進症(下垂体に腫瘍ができている)は、副腎から分泌されるコルチゾールを抑える投薬による治療になるため、一生薬を飲み続けなくてはいけません。

また、下垂体腫が大きく放射線治療が上手くいかなった場合は、数年以内に認知症のようになることもあります。

犬のクッシング症候群の寿命

クッシング症候群の治療を行ったとしても、脳神経系の異常や血栓による血管梗塞など合併症や腫瘍の転移などで亡くなる場合もあります。

個体差があるので一概には言えませんが、症状別でおおよその寿命のデータがあります。

下垂体に腫瘍がある場合

腫瘍が小さく、内科的治療(薬)が効いている場合は、1年生存率は80%、2年生存率は70%、3年生存率は60%となっています。

副腎に腫瘍がある場合

良性腫瘍で摘出手術が成功した場合、寿命を全うする可能性があります。

悪性腫瘍や転移をした場合は、手術が成功しても亡くなることがあります。

参照:厚別中央通どうぶつ病院HP

しかし、適切な治療と食事の管理を行ってクッシング症候群とうまく付き合っていくことができれば、今まで通りの生活をすることも可能です。

クッシング症候群と上手く付き合うには?

クッシング症候群と上手く付き合うには?

クッシング症候群の完治は難しく、生涯に渡って薬の服用と食事の管理をしながら、上手く付き合っていくしかありません。

薬の量のコントロールとクッシング症候群の原因である高血糖や高脂血を抑えるドッグフードで食事の管理をすれば、合併症やクッシング症候群の悪化を防ぐこともできます。

「犬心 糖&脂コントロール」は臨床栄養に基づいて作られたドッグフードですから、クッシング症候群のワンちゃんに安心して与えられます。

メモ

臨床栄養」とは、実際に患者の栄養管理法や食事療法、非経口栄養法などを研究領域とする栄養学の分野のこと。

「病気のワンちゃんでも、美味しさの楽しみを奪いたくない。」という思いから、美味しさにもこだわって作られています。

病気で大変なワンちゃんが、美味しい思えるドッグフードを食べさせてあげたいですね。

-ドッグフード, 病気
-, , , ,

Copyright© GOODドッグフード~本当に安全なドッグフード紹介サイト , 2018 All Rights Reserved.