ドッグフード

ドッグフードの酸化が愛犬に与える怖い影響は?酸化の見分け方と酸化を防ぐ方法

更新日:

ドッグフードの酸化が愛犬に与える怖い影響

愛犬のドッグフードの酸化が気になったことがありますか?

袋から取り出す時に、少しフードの色が濃くなっていたり、においが最初の時と少し違っていたり、フードの表面に白い小さな粒々がついていたり、開封した時となんとなく違うということがありますよね。

ドッグフードの保存の方法はこれでいいのいかな・・・

梅雨時や気温が上がってくると、特に気になります。

ドッグフードは開封したら、確実に酸化が始まります。

ドッグフードの酸化が愛犬にどんな影響を与えるか、また、ドライのドッグフードの酸化の見分け方と酸化を防ぐ方法を紹介します。

ドッグフードの酸化って?

リンゴの酸化

 

食品が空気に触れると、空気中の酸素と結合して化学反応が起きることを酸化と言います。

リンゴを皮をむいて置いておくと表面が茶色くなりますが、これが「酸化」した状態です。

紅茶の茶葉は酸化発酵をさせたものですから、酸化が全て劣化ではありませんが、殆どの場合、酸化することで食べ物はダメージを受けます。

ドライのドッグフードが酸化しやすい理由は?

ドッグフードは主に水分含有量でドライ・ウェット・セミモイストと3つに分けられますが、ドライのドッグフードの多くは、ワンちゃんの食いつきがよくするために動物性油脂や植物性油脂で表面がコーティングされています

特に動物性油脂は、小麦やトウモロコシなどの穀物類がメインの安いドッグフードに多く使われていますが、動物性油脂よりも植物性油脂の方が油脂の酸化は起こりやすいと言われています。

また、ワンちゃんの毛艶や毛並みや皮膚の艶を良くするために配合されている不飽和脂肪酸と言われる高価な魚油(サーモンオイルなど)や亜麻仁油・エゴマ油などは、油脂の中でもとても酸化しやすいのです。

ドッグフードには油が一杯使われているから酸化しやすいのです。

ドッグフードの酸化の見分け方は?

ドッグフードの酸化

 

ドッグフードが酸化しているかどうかは飼い主の判断も大事です。

酸化の見分け方は3つあります。

  • 色が濃くなる
  • 表面が脂っぽくなる。
  • 匂いが変わる

ドッグフードの色にもよりますが、酸化すると元々の色よりも濃くなります。ドッグフードは茶色が多いのですが、それが濃い茶色や黒っぽくなります。

また、表面に油が浮いてくるので、見た目もべたついているのが分かり、触るとしっとりしています。

においも、開封した時と比べると変化しています。ただ、元々ドッグフードのにおいはきついので、わたしたち人間の鼻ではその変化は分かりにくいかもしれません。

 

ドッグフードの酸化が愛犬に与える怖い影響は?

ドッグフードの酸化で病気

 

食品は酸化によって、過酸化物質が生成されたり変色が起こります。

酸化した直後のドッグフードを食べても害はほとんどありませんが、酸化が進んだものを食べると、下痢や嘔吐の消化器官の不良や腎泌尿器障害・アトピー性皮膚炎などのアレルギーを引き起こす原因にもなります。

過酸化物質を摂り続けると、体内に蓄積され、動脈硬化や癌・アレルギー・心臓疾患の原因になったり、老化を早めることにもなります。

酸化したドッグフードを食べ続けると病気になったりするんだね。

酸化を防ぐ酸化防止剤がもっと怖い?

ドッグフードに酸化防止剤が入っている

 

ドッグフードの酸化を抑えるために添加物である酸化防止剤が使われています。

添加物というと悪い印象を受けますが、酸化防止剤を使う目的は、色や風味の劣化や酸化による有害物質の生成を防ぐことなので、長期保存をする為には必要な添加物です。

酸化防止剤には、製造過程から天然由来の酸化防止剤と化学合成で作られた酸化防止剤の2種類があります。

動物は、本能で危険なものを察知することできます。

健康に害を及ぼす酸化した脂は、においや味でわかるので、食いつきが悪くなったり、食べても下痢や嘔吐という症状で、悪いものを体外に排出する仕組みができています。

危険なのは、油溶性の合成系の添加物である酸化防止剤です。人工合成の酸化防止剤に対して、ワンちゃんは危険を察知することができません。

ドッグフードにどのような酸化防止剤が使われているのか注意を払うことも必要です。

天然由来の酸化防止剤

ビタミンE(トコフェロール)

植物体内にあり、種子などの油脂成分の酸化を防ぎます。ビタミンEにはいくつかの種類があり、それらを合成させて酸化防止剤として使われるので、ミックストコフェロールと言われています。ドッグフードには、主にナッツや緑黄色野菜からとれるビタミンを合成して配合されています。

ビタミンC(アスコルビン酸))

主成分は小麦粉やトウモロコシで、デンプンを分解して作られるブドウ糖です。デンプンからグルコース、そしてソルビトールに変換されます。

水に溶けやすく、食品中で酸化されると、酸化剤の働きも持ち、品質改良剤としても使用されます。

クエン酸

梅干しやレモン、オレンジなど柑橘系に多く含まれている「すっぱい」と感じる酸味の成分です。

クエン酸には、細菌の増殖を抑えて食べ物の腐敗を防ぐ殺菌効果があります。

ローズマリー抽出物

シソ科の植物で、ハーブとして肉料理に使われます。優れた抗酸化作用があり、ハーブを原料とした天然の添加物なので安全です。

緑茶抽出物

ツバキ科植物であるチャノキの葉から抽出したものでポリフェノールの一種であるカテキンが含まれている為、強力な抗菌作用があります。

ビタミンE・クエン酸・ビタミンCなどの併用によって、酸化防止の発揮します。

天然由来の酸化防止剤は体に優しい分、効果も弱くなっています。

これらが使われているドッグフードは、早めに使い切ってしまうことが大事です。

人工合成の酸化防止剤

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

油に溶ける為、石油を保存するために作られた有機化合物でしたが、バターや冷凍食品の酸化防止剤として使われるようになりました。

発がん性が確認されましたが、通常の使用量では影響がないと言われています。

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

BHAと同じで、石油の酸化を防ぐために使われていたものが、食品にも使われるようになりました。

BHTのように発がん性はありませんが、変異原性や催奇形性など発育には影響を及ぼすと考えられ、アメリカでは、乳幼児用食品への使用が禁止されています。

今は、BHAが使われるようになった為、BHTはほとんど使用されなくなりました。

エトキシキン

除草剤や駆除剤にも使用されているエトキシキンは、酸化防止効果が強く安価なので工業用によく使われます。

人間用の食材に使用が認められていないだけでなく、家畜の飼料の添加物として使用されることも禁止、さらに農薬としても使用が禁止されているほど、毒性が認められています。

使用量は75ppmという規制はありますが、海外のペットフードメーカーでは使用が認められています。

動物実験の結果、腎臓や胃・膀胱・大腸の癌になるという報告もあります。

没食子酸(ぼっしょくしさん)プロピル

私達が食べるバターや油などに含まれています。油に溶けにくく、BHAやBHTよりも強い抗酸化作用があります。

酸化防止剤は食品の劣化を防ぐために必要なものです。

人工合成の酸化防止剤がドッグフードに入っているのはごく微量ですので、体へに影響はそれほど心配しなくていいのかもしれません。

それでも、長く食べ続ければ、蓄積されていき健康被害を及ぼす可能性も否定できません。

少しだと害はないけど、食べ続けたら病気になることもあるのかなぁ。

ドッグフードの酸化を防止するには?

 

ドッグフードの酸化を防止する

 

1ヶ月位で食べきれる量を購入

ドッグフードは、大きな袋で購入すると割安なのでつい買ってしまいがちですが、小型犬が食べ終わるためには数ヶ月かかってしまいます。開封直後から劣化が始まっていますので、食べ終わるまで時間がかかれば、それだけ劣化も進んでしまいます。

できれば、1ヶ月位で食べきれる量のドッグフードの購入がおすすめです。

光の劣化を防ぐ

ドッグフードは、太陽の光や蛍光灯などによる「光劣化」によっても酸化が進みます。その為、光が当たらない涼しい場所で保存するのがおすすめです。

これは、未開封の状態のドライフードでも同じです

空気に触れない

ドッグフードの酸化は、油脂が空気に触れることで、空気中の酸素と結合しておこります。

その為、空気に触れる時間を短くすることが大事です。

個包装のドッグフードにするか、ドッグフードを少量に分けて保管するのがおすすめです。

蛍光灯の光でも酸化しちゃうんだね。

ドッグフードをどうやって保存すれば酸化しない?

 

ドッグフードは酸化しやすく、酸化をしたドッグフードを食べるとワンちゃんが様々な病気を引き起こす原因にもなります。

ドッグフードの酸化を遅らせるためには、保存の方法がとても大切です。

ドライのドッグフード

ドライのドッグフード

  • 風通しの良い冷暗所、冷蔵庫で保管

高温でも酸化は進むので、保管は涼しい冷暗所か、冷蔵庫で保管します。

袋の空気を抜いて、ジッパーが付いていれば、しっかりとジッパーを閉めます。密閉できていない状態のまま置いておくと、湿気たり、害虫が付くこともあります。

冷蔵庫に入れると結露が発生してカビが生えると言われることもありますが、私達が食べる食品で考えても結露でカビが生えるリスクは心配しないでいいように思います。

冷蔵庫に入れる時は、ドッグフードが入っていた袋のままではなく、小分けにして密閉容器(ジップロック等)に入れれば、さらにそのリスクは小さくなります。

ウェット・缶詰のドッグフード

缶詰のドッグフード

  • 冷蔵庫・冷凍庫で保管

ドライフードと比べて水分含有量が多いウェットのドッグフードと缶詰は、未開封であれば高温多湿を避け、冷暗所に保管します。

開封後は傷みが早いので、密閉容器に入れて冷蔵庫で保管し、1~2日で食べきるようにします。食べきれない場合は、冷凍保存ができますが、解凍したら品質は劣化しますので、1ヶ月を目安に使い切ります。

 

ドッグフードストッカーなどの密閉容器に入れる?

 

ドッグフードストッカーは、見た目が可愛い物、袋ごと入るもの、スコップが付いているものなど色々市販されています。

密閉できる保存容器があれば、わざわざ購入する必要はありません。

冷蔵庫に入れる場合は、ジップロックに小分けして入れるのが、場所を取らず便利です。

ドッグフードストッカーが必要な場合は、しっかり密封できるかを確認して選ぶことが大切です。

商品説明に密閉できると書いてあっても、実は完全密閉できない商品もあります。

冷暗所に置く場合も、冷蔵庫に入れる場合も、袋の口を輪ゴムで留めるだけでというのはおすすめではありません。

小分けにするのが面倒であれば、中身を移し替える、または袋ごと入れることができるドッグフードストッカーに入れましょう。

大事なのは、空気に触れさせないことと、できれば光を遮ることができる容器であればなお良いですね。

湿気から守ってくれる容器にドッグフードを入れてくれたら、ずっと美味しく食べれるね!

おすすめのドッグフードの密封容器は?

酸化を防ぐためにドッグフードの密封容器がたくさん市販されています。

その中でもおすすめのドッグフードストッカーを3つ紹介しますね。

オーエフティー グリーンフードコンテナ M

15Kgのドッグフードの中身をいれることができます。袋ごとだと少し窮屈になってしまうので、Lサイズがおすすめです。

専用スコップが付いていて、蓋の裏側にを収納できます。

蓋の開閉が簡単で、密閉性があり人気です。


オクソー ポップコンテナ ビッグスクエア トール 5.2L

片手で、蓋の上のボタンを押すだけで開閉できます。

密閉性があり、蓋の内側も簡単に取り外して洗うことができるので清潔です。サイズが豊富(高さ:8cm~32cm)で、Lサイ(高さ:32cm)だとドッグフードが2kg入ります。

【通販限定】かわいい!! オリジナルフードストッカー【密閉・密封・計量カップ付】

フタの内側にはパッキンが付いているので密閉性があり、 湿気やニオイ漏れの防止ができます。

容器のデザインの可愛さと計量カップも付いてリーズナブルな価格なので人気です。 ドライフード小粒サイズ(8mm粒)が約1Kg収納できます。


 

まとめ

ドッグフードを食べる犬

ドッグフードは、開封した直後から酸化が始まります。

愛犬が1ヶ月で食べきれる量のドッグフードを購入し、保管に気をつけるだけでも健康被害を引き起こす酸化から愛犬を守ることができます。

ドッグフードの保管は冷暗所か冷蔵庫で行い、早めに使い切ってしまうことが何より安全です。

ドッグフードを酸化から守ってね!

-ドッグフード
-, ,

Copyright© GOODドッグフード~本当に安全なドッグフード紹介サイト , 2018 All Rights Reserved.